| Home | My Account | カートを見る | お問い合わせ |

ボタンとハンカチ

型番 setsu000016
販売価格 SOLD OUT

「ボタンとハンカチ」源氏鶏太
「婦人公論」に1965年から翌66年まで連載された長編小説。大手商社の社長と副社長との対立を女性秘書の対立の形で描く。重役がボタンをつけてと言われたらつけるべきである。けれどハンカチを洗ってくれと言われれば、それは領分違いである。社長の『ハンカチ』である克子をはじめ、個性豊かなキャラクターが社内の対立をかりたてる。装丁は佐野繁次郎。

昭和55年/絶版/中央公論社/138×197mm/278P/ヤケ小ビニールカ破れ小/状態並/装丁佐野繁次郎

送料一律300円
ふるほにすと
ロッタポスター
thanks photo : sakura kondo
sleepook

sleepook
新着リスト 最近アップした新着リスト
from東北 東北から届いたステキなもの
SOLD OUT 本当は売りたくなかったのですもの